女性も薄毛のリスクがあることから育毛について知るのは重要です

薄毛のリスク 女性
薄毛に悩むのは男性ばかりと思われがちですが、実際には女性も薄毛に悩む人も多いものです。特に女性の場合は男性より比較的若い時期に薄毛に悩まされることもあるため、育毛についての知識が重要となってくるものです。

女性の体は閉経まで女性ホルモンによって左右されるのですが、このホルモンバランスが不安定になる時期がいくつかあってそのタイミングで薄毛になることがあります。

まず薄毛になりやすい時期として妊娠出産授乳という時期があります。この時期は妊娠時期と授乳時期で出るホルモンが違う上、授乳を終える頃にはまた妊娠前のホルモンバランスに戻ろうとして特に不安定になりがちです。

このホルモンバランスの不安定さが原因で産後に抜け毛が増えたと実感する女性が多い上、実際に薄毛になっている人もいるものです。

この時期は女性はまだ10代から30代が多く薄毛になっているのがとても恥ずかしく感じるということで育毛をしなければいけないと思う人も多いですが、授乳を終えてしばらく経つとホルモンバランスが正常に戻ってくることから再び髪が生えるようになります。

そのためこの時期は産後かなりの時間を経過しても薄毛になっていない限りは特に何もする必要はないことがほとんどです。

一方で40代を過ぎると今度は加齢によってホルモンバランスが崩れ始め、閉経すると女性ホルモンの分泌がほとんどなくなってしまうことから薄毛になるリスクが上昇します。

また加齢自体も毛根を弱めてしまうことから余計薄毛になりやすい状況に置かれます。この時期に薄毛が目立つようになるとその後元に戻る可能性が低いことから、状況によっては育毛をする必要があります。

方法としては自宅で医薬品あるいは医薬部外品の育毛剤を使用したり、育毛シャンプーを使用したり、あるいは育毛サロンに通ったりサプリメントを摂取したりすればまた髪が生えだす可能性があります。

さらに女性はスタイルをよくしようと思って年齢を問わずダイエットに励む人は多いのですが、ダイエットで食事制限をした場合には栄養失調が原因で薄毛になってしまうこともあります。

体に栄養が回らなくなり、生命を維持するのにそれほど必要でないとされる毛根に栄養が届かなくなることで薄毛を招くと考えられています。ダイエット中で薄毛を感じた場合には、食事をきちんと摂り運動など別のダイエット方法に切り替えることで育毛ができる可能性があります。

このように女性も薄毛に悩まされて育毛を必要とすることも多いことから、普段から育毛についての知識をよく知ることが重要になってくるのです。

【関連記事】女性が薄毛になる原因とは?改善方法や女性用育毛剤もおすすめ!